Month: October 2021

助産師:助産師の取得を検討する理由

助産師:助産師の取得を検討する理由

妊娠を経て、最終的に母親になることは、人生で最大の課題の1つです。女性は子供を育てるために多くのことを経験し、時間、健康、体、そして私生活を犠牲にしなければなりません。このような時期には、優れたサポート体制を整えることが重要です。 

配偶者、友人、家族の力に頼る以外に、妊娠を容易にするためにできるもう1つのことは、助産師を雇うことです。助産師は、妊娠の最後の数ヶ月間あなたを導き、あなたが出産しようとしているときにもそこにいる女性です。以下のいずれかを検討する必要がある理由のいくつかを参照してください置くこと 

。別のサポートシステム 

妊娠中に配偶者、家族、友人をそばには非常に重要です。プロセスは難しく、体があなたをあきらめているように感じることがあります。そうですね、助産師が追加のサポートを頼りにすることもできます。彼らは親切で母親であるだけでなく、あなたが知る必要があるすべてをあなたに伝えることができます。 

妊娠と出産には、科学や医学だけではありません。母親は育ち、自分たちの環境で安全であると感じる必要があります。助産師は、気分が悪くなったり、誰かがあなたのためにそこにいる必要がある場合に頼ることができる人かもしれません。  

安心し 

て助産師を雇うことの素晴らしい点の1つは、助産師がいつでも必要なときにすぐに電話をかけることができることです。妊娠、分娩、または単に生まれたばかりの赤ちゃんの世話について質問がある場合は、それらに尋ねることができます。助産師は通常、たくさんの赤ちゃんを出産し、さまざまな状況を見てきました。 

ですから、もしあなたが心の安らぎやあなたの医者やそれらの妊娠の本の外でただの意見を必要とするならば、あなたはあなたの助産師に頼ることができます。あなたは彼らをあなたの第二の母親と考えることができ、この経験を通してガイドします。  

あなたの出産体験はあなたのニーズに合っています

妊婦はまた、出産中に快適であるという考えを愛しています。一部の女性にとって、出産して赤ちゃんを押し出すことは、人生で最も辛い経験の1つです。ですから、出産体験がシームレスで快適であれば、物事はより良くなるでしょう。 

あなたが病院、助産師施設、またはあなたの家で出産したいかどうかにかかわらず、あなたはあなたの助産師が助けにそこにいることを確信することができます。陣痛期間中に特別な要望があれば、彼らに知らせることもできます。 

妊娠中の母親のストレスや倦怠感は、母親や赤ちゃんにとって良くありません。ですから、落ち着いてリラックスするのが一番です。あなたの配偶者、家族、友人、助産師は皆あなたをサポートするためにそこにいます。 

これらのすべての利点が妊娠中に望むものである場合は、マキ助産で私たちに連絡することを躊躇しないでください。 

マキ助産センター:分娩前の準備

マキ助産センター:分娩前の準備

出産は、あなたが肉体的に準備しなければならない人生で最も重要な瞬間の1つです。そして感情的に。あなたがあなたの子供を出産しているときに合併症があるかもしれないので、これは公園を散歩することではありません。しかし、人間をこの世界に連れて行くことの難しさを心配する前に、あなたとあなたの赤ちゃんが必要とするアイテムも準備する必要があります。

これを支援するために、マキ助産センターはあなたがあなたの子供を出産する前に準備する必要があるものをリストアップしました。期日の数週間または数週間前に、ベビーバッグに入れる可能性のあるアイテムのリストがすでにあるはずです。これにより、予期せぬ大きな日が来た場合に備えて、より準備を整えることができます。 

そうは言っても、ここにあなたが準備しなければならない最も重要なもののいくつかがあります:

トイレタリー

石鹸やシャンプーなどのエッセンシャルは助産によって提供することができます。ただし、所持品を使用したい場合は問題ありません。また、デオドラント、ボディウォッシュ、洗顔用ワイプ、歯磨き粉、歯ブラシなどの他のバスアメニティも必要です。これらはあなたに提供されないものもあるので、それらを覚えて病院のバッグに入れる必要があります。 

ヘアケア製品  

ポニーテールまたはヘッドバンドは、陣痛中に髪を顔から遠ざけるのに役立つヘアケア製品です。お母さんは痛みのために出産時にたくさん汗をかきます。それでもきれいに見せたい場合は、ヘアケア製品をバッグに詰める必要があります。

寝間着、ローブ、下着: 

母親が出産後に着用する薄い病院用ガウンを着用する代わりに、適切な寝間着とローブを選択して、滞在中に快適になるようにする必要があります。特に出産後も出血するので、下着や使い捨てのものも必見です。家に帰ったら下着を使いたくない場合は、使い捨てまたはメッシュの下着が良い選択です。  

スリッパと靴下

分娩後に靴下を履くときは、つま先を暖かく快適に保ちます。寒い床から足を守り、シャワーを浴びるときに履くものを用意するために、スリッパも持参してください。汚れをこすり落とすのに苦労しないように、簡単に洗えるものを必ず持参してください。

授乳用ブラジャーを

持ち上げて赤ちゃんに簡単に授乳できるように、授乳用ブラまたはタンクトップを梱包します。快適で自由に動くことができるものを選ぶようにしてください。   

赤ちゃんの服 

服や必需品とは別に、赤ちゃんが必要とするものも詰める必要があります。新生児サイズの着物風シャツに足パンツを必ずご用意ください。ほとんどの場合、これらは白色で利用できますが、他のものを使用したい場合はそれを選択します。

さらに、赤ちゃんを暖かく保つための毛布、頭、おむつ、おしりふき、ティッシュを保護するためのボンネットも持参する必要があります。